レンタカーその1~どこで借りる?~

我が家も滞在中、何度かレンタカーのお世話になりました。
その時の情報をここでは書いておきたいと思います。

レンタカーどこで借りるか?

どこで借りるのかということについて、これは結構調べました。値段や口コミも時間の許す限り確認し、現地で友達になった人たちにも色々聞いて回りました。

ハワイでの大手レンタカー会社といえばアラモハーツエイビスダラーバジェットニッポンレンタカーあたりかと思います。

大手を中心に、クーポン情報なども頼った上で、一般的なレンタカーのみの最安値で言えばダラーになるかと思います。ただし、ダラーは評判も悪く「予約したにも関わらず希望車種が無くてワンサイズ大きい(価格も高い)ものに乗せられた」とか「英語でまくしたてられて、Yesと言ったら無駄にオプションがいっぱいだった」とか「座席の下に虫がわいてた」とか「思いっきりボロかった」とかの話や口コミが後を絶ちません。
(ネット上の口コミはライバル会社の仕業かもしれませんが(笑))

ただ、この手の評判や口コミというのは正直上記のどの会社にも当てはまる可能性があるため、運が悪かったねと、この際耳をふさぐのが良いかと思います。

また値段についても、チャイルドシートやロードサービスや車両保険や割引を受けるために有料会員になったりなど、最低限のものにキチンと加入するとそんなに大差がありません。金額的には大きくても$5/日くらいの差といった感じです。

では我が家のおススメはというと、ニッポンレンタカーをおすすめしたいです。
理由はというと、

  • JCBプラザで割引が受けられた(JCBカードはハワイでは必須ですね)
  • JCBプラザがキチンと車種や日程や価格を抑えてくれる
  • JCBプラザでの予約は日本人が日本語で対応してくれる
  • ニッポンレンタカーで借りる時もフロントは日本語OK
  • 特別にサービスも良くないが、これといった問題もなかった
  • 万が一の事故の時も日本語で対応してくれる
  • Tポイントが貯まった。(ごくわずかですが…)
  • フロントの日本人にハワイでの運転について聞いたら色々教えてくれた(駐禁要注意地区とか)

といったところでしょうか。値段的には、おそらく最安値の所とかよりも数ドル/日くらい高かったかもしれません。
ただ、ニッポンレンタカー以外は(予約サイトは日本語でも)実際に借りる手続きをするフロントが基本的に英語なので、片言の英語しかしゃべれない我が家ではニッポンレンタカーが一番安心して借りることができました。

そういった意味では夏休み期間で車種が無く、断念したホノルルオートレンタルとかも日本人経営の日本人スタッフなので良いのかもしれません。(使ってないのでサービスが良いのかわかりませんが…)

値段だけを純粋に求めるなら、上記のダラーでトラブルがないことを祈るか、もしくはどこかのサービスと一緒にレンタカーの特別割引クーポンをもらって、そこで借りるのが良いかと思います。またツアーで来ているなら、そのツアーを通して格安でレンタカーを提供している場合もあるので、チェックしてみると良いかと思います。ツアーデスクを通して予約するので契約関係も安心です。

スポンサーリンク
アドセンス

レンタカーは市内で借りよう
空港でレンタカーをすると空港利用税11.11%というものが定率でかかってきます。旅行期間中ずっと借りると、その分たくさん利用税がかかってきます。これは結構バカにならない金額です。
また空港での手続きは何かと時間がかかります。借りる手続き1時間・空港から市内の往復各1時間・返却手続き数十分とハワイでの貴重な時間をとられるのは非常にもったいなく思います。
荷物を下ろすために空港から直接ホテルに行くのであれば、荷物を下ろしている間ホテルの駐車料金もかかります。また、スーツケースなどの大型荷物も運ばなければならないので、ワンランク上の大きめのレンタカーにする必要も出てきます。長時間の飛行機のあとの疲れもありますし、もしハワイでの運転が初めてなら、なおさら慣れない運転に危険が伴います。
バランスを考えると、空港からワイキキ市内へは何か他の手段で行って(タクシーなら$35で行ける)、レンタカーはワイキキ市内で借りて、そのまま返すのが一番お得ではないかなと思います。
予約サイトを活用しよう
各大手のレンタカー会社では、予約サイトが充実しています。検索サイトで「レンタカー ハワイ 予約」とかで簡単にヒットします。
上記のニッポンレンタカーの場合JCBプラザでの予約がおすすめですが、それ以外の会社の場合借りる手続きのフロントが英語対応になるので事前に予約して契約を確定させておいたほうが安心です。

まあ、ハワイのレンタカーのフロントなんてほんといい加減なのでちょいちょい間違った手続きをしてきます(笑)。チャイルドシート1個は無料なのに料金に加算されたり、ガソリンは自分で入れて返したいのに給油サービスがついていたり・・・。契約書もすべて英語で、レ点のチェック・チェック・チェック通りにしてたら想定よりも高い値段になって、後ろも並んでいるため何が高い値段なのか検証することもできずに泣き寝入りするようなこともあります。
そこで事前に予約をして検証することで、それ通り納得して借りることができるため、事前予約はしておきましょう。ネットでの予約後、実際のフロントで借りる手続きをする際も色々言ってきますが、予約完了の契約内容と料金が載っている画面をプリントアウトしてそれ通り借りることに専念し、他のオプションはすべて「No Thank you」で通せば価格面では安心です。

予約のメリットとして、希望の車種クラスが事前に抑えられるというのがありますが、これは結構いい加減で予約しているにもかかわらずその車種クラスが無いってこともあります。。。その時は車種クラスは最悪変更だとしても、先方の責任なんで値段は追加で払えないことをキッパリ言いましょう。(ちなみに、代替クラスでグレードを落として提案してくることはほぼないです。)

また日本語のネット予約は日本でしかできないわけではなく、ハワイに着いてからもパソコンやスマホとネット環境さえあれば日本語のサイトで事前予約することができます。なのでハワイに着いてから借りようと思っている場合も、予約サイトを活用してから行くのが良いかと思います。

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加