IIE(語学学校)について

1か月半ワイキキにステイしている間、時間に余裕もあったので多少の語学力の向上と情報収集にと語学学校に通っていました。
通った先はInstitute of Intensive English(通称:IIE)というワイキキ内であれば徒歩で行けるところの学校。こちらに3週間ほど通いました。

公式ページはこちら>> Institute of Intensive English

こちらを選んだ理由としては、
・立地が良い
・日本人比率が50%以下がポリシー
・アクティビティがある
・あまり悪い評判を聞かない

といった点で選びました。
※最後の悪い評判を聞かないというのは、ネットでの口コミと3か所ほど留学エージェントと言う代理店のようなところに話を聞いた印象です。

実際に通った結果としての印象をまとめましたので、もしこの学校にしようかどうか迷っている人がいれば、その参考になればと思います。
その他、何か知りたいことがあれば末尾のコメントでいただければ~。

クラスについて

まず初めにクラス分けテストをします。私が入ったのは真ん中よりちょっと上のクラス(今回は全部で12クラス位ありました)でした。

1週間で1プログラムになっていて、その1週間はクラスメイトの変更がありません。ただ、週毎の人の出入りが結構あります。多い時では半分くらいのクラスメイトが入れ替わるときもありました。またクラスの上下移動も余程のことがない限りありません。基本的にそのクラスでずっとレッスンを受けることになります
クラスの人数は多い時で14人、少ない時でも10人くらいでした。ただ、ちょいちょい休む人もいるのでその8割くらいの人が出席しているイメージです。(毎週金曜日は振り返りテストがあるため、その日の出席率は高めです。アジア系の生徒の方が出席率が良かったです。)

クラス内の出身国は在籍国率50%以下をポリシーとしていることもあり、だいたい「日本人:40~50%、韓国人:30~40%、スイス人:10~20%、その他ヨーロッパ系・南米系:数%」といった割合です。距離的な関係もあり日本人と韓国人が多いですね。意外なのはスイス人が多かったことです。スイスではハワイで英語留学がメジャーのようです。中国人はあまり見かけませんでした。

年齢的にはかなり幅広く、20代前半~50代までいました。一番多いのは30歳前後かと思います(クラスの半分くらい)が、別に50代・60代でもレッスン自体は何の違和感もなく受けることができるかと思います。
ただ女性が圧倒的に多いです(8割くらい)

授業について

月曜日がクラス分けテスト(これは新しく入る人のみが受けます)、火曜~木曜がレッスン、金曜日が振り返りのテストというのが1週間の流れです。

レッスンは文法と会話の2授業があり、時間は2時間づつで(それぞれ10分休憩あり)、先生も変わります。1週間で一つの文法を学び完結するため、どの週から参加しても「レッスン内容が途中からだから分からない」といったことはありません

文法と会話と別れていると言いましたが、正直あまりその違いは感じませんでした。テストの時だけ、ペーパーテストスピーチのテストになるので、違いがわかりますが、それ以外はそんな大きな違いは判りませんでした(^^;

宿題は火曜日~木曜日まで毎日出ます。翌日の朝一に回答チェックがあります。ボリュームはその日の授業内容の応用問題2~3ページなので、まじめにレッスンを受けていれば1時間以内で終わるような量です。

クラスの雰囲気について

一部友達同士で来ている人もいるので固まっていたりもしますが、基本的にお一人様の参加が多いので、超和気あいあいといったことはなく多少遠慮しがちでも何かしら会話の糸口は見つけたいといったようなホンワカした雰囲気です。英語以外の会話が完全NG(2回注意をけるとその日は授業を受けられないという罰則がある)なので、かなりカタコトの会話にはなりますが、またそれが面白くもあります。
とは言っても日本人同士、筆談や休憩時間に日本語で会話していましたが。。

レッスン中はいたってマジメで先生がテンポ良く授業を進めるので、私語が多かったり授業中に出歩くような生徒がいるといったことはほとんどありませんでした。
また遅刻は厳禁なので(どんな理由であれ、5分遅れるとその次の休憩時間までクラスに入ることができない)、その点でも授業がダラけるという事はなかったです。

授業はテキストを中心に行われますが、単純に先生の話を聞くだけではなく指名をして質問もしてきますので必然的に会話をする機会が生まれます。またクラス全体に質問を投げかけることも多々あるので、積極的に回答したほうが話す機会が増えます。かなりトンチンカンな回答をしても、誰も気にもしないし、先生もとても優しくフォローしてくれるので、ここは間違ってでもどんどん喋っていったほうが良いかと思います。クラスの雰囲気も良くなりますし。

スポンサーリンク
アドセンス

生徒について

参加目的としては、がっつり英会話を身に付けようと考えている人は2割くらいでしたかね。

夏休みシーズンということもあってか、私が参加したときは長めの観光の合間に参加するといった目的か、親子プログラムでついでに参加したといったような人が大半でした。
そのため、参加期間は2週間~1か月という人が多く、生徒の入れ替わりはかなり多かったです。ガッツリ学びたい人で最長の6か月という生徒もチラホラ見かけました。

実際に英会話が身につくかというと、1か月より短い期間では英語の片りんを知るくらいでしかないかと思います。1か月近くもいれば、会話が聞き取れるようになるかというと、残念ながら私個人はそこまで発達はしなかったですね。ただ、日常よく使う単語や、この場合にはこういった表現で話せばいいのかといった日常表現の発見はいくつかありました。

立地について

立地はワイキキエリアならどこからでも徒歩で登校できるので、非常に良い場所ではあります。

午前中に授業が終わるので、そのあとお昼ご飯を食べたり、どこか観光に行くにも便利な場所です。ビーチにも歩いて5分ほどで行けてしまいます。

IIEが入っているビルの1階には、ロングスドラックセブンイレブンも入っているので、飲み物やおやつに事欠くことはありません(笑)

朝は8時半から授業ですが、8時から解放されているため、朝ご飯を買って教室で食べている人もいました。

プリンター付のパソコンも使えますし、Wifiが完備されているので、辞書は使わずに皆スマホで単語を調べていました

アクティビティについて

火曜日から土曜日まで、毎日アクティビティ(課外授業)が設定されています。$5~$10ほど追加の費用が必要ですが、観光地にハイキングにいったり、BBQをしたり、木曜日は無料のフラレッスンがあります。

ただどちらかというと、アクティビティは20代の参加率が高いですかね。知り合い同士で参加している割合が高いので、初対面が苦手な人は、クラスで仲良い人を作って一緒に参加するのが良いかと思います。

そうは言っても、個人一人ではなかなか行きずらいところにも格安で連れて行ってくれるので、どうしても参加したい場所があれば、気にせず参加するのも全然ありかと思います。
記念写真を撮ったり、引率で先生がついてくれるのでそれなりに楽しめるのではないかと思います。ただアメリカン社会なので向こうから干渉してくることは皆無です(笑)

総合評価

私個人の感想としては、語学力はほとんどつかなかったかなと思います(たった3週間なので)。ただ同年代の家族で来ている日本人も多く、ハワイ生活の情報交換には非常に役に立ちました

先生の会話ででも、どこどこが安くて美味しいとか、どこどこには一度行ってみると良いとか、子供にはこんなところが人気あるとか、地元のフェスティバルの情報とかも話してくれるので、より充実したハワイ生活が送れるかと思います。

語学力を身に着けようと思うのならば、3~6か月くらいはないとダメかなと思います。通常の授業だけでなく、追加の午後の特別英会話授業とかもあるので、そちらにも参加することをおすすめします。
英会話や文法を正しく学べる場としては、きちんとしている学校かと思いました!

スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 角 敏子 より:

    長崎在住の角ともうします。ロングステイ財団の冊子を読ませて頂きました。
    3年前に3週間一人でワイキキのアイランドコロニーにロングステイしてその後ハワイ専門のロングステイアドバイザーになりました。今では年に2回、1週間のハワイを楽しんでます。家族全員でハワイに行くことを目標にしてるので羨ましいです。

  2. 我が家の夫 より:

    角さま、コメントありがとうございますm(_ _)m
    家族で長期で行ける機会はこの先なかなか無い機会かと思い、かなり思い切って行きました!
    年に2回1週間のハワイ羨ましいです。
    我が家も、今年からは子供たちも習い事や自分の仕事などでなかなか日程が合わず、近場の旅行になってしまっています(^^;
    が、家族皆ハワイはお気に入りになりましたので、またハワイに行ってブログを更新できたらなぁと思っています。