滞在2日目➀ 初のビーチ

早朝のワイキキビーチとダイヤモンドヘッド

滞在2日目

45日間もあるので、何日かは遠出したいなと思い朝一でレンタカー会社に連絡。

色々な口コミサイトを見て、大手レンタカー会社は一長一短な感じで日本人経営で比較的良心的な価格のホノルルオートレンタルというところに連絡。

しかし、この時期は日本でも絶賛夏休み期間中のせいか、「お盆明けまでコンパクトカーは全部予約済みですね。SUVならありますが…」とのこと。。
確かにハワイ旅行ともなると、皆さん日本であらかじめ予約して来ますわね。。

その日その日でプランを決めようとしていた我が家は、諦めてもう少し先の予定をレンタカー含めて組むことにしました。(その日はレンタカー予約せず)
※レンタカーについて以下の記事でまとめました。参考までに。
レンタカーその1~どこで借りる?~
レンタカーその2~車種クラス~
レンタカーその3~オプション~
レンタカーその4~ルールとマナー~

朝食を取ったあと、とりあえずはということでワイキキのビーチに向かいました。(今思えばさっさと予定立てろよと思ってしまいますが。)

ワイキキへの道
※クリック(タップ)で地図が拡大できます。

我が家が宿泊しているコンドミニアム「ワイキキバニアン」からワイキキビーチへは、まっすぐ道を進み徒歩3分くらいのところにあります。
この地図の場所のビーチは防波堤で囲まれているため高い波もほとんど来ず、水深も浅いところは数センチ、深くて1~1.5m(潮の満ち引きにより変わります)くらいなため小さな子供ずれでも安心して遊べる場所になっています。

スポンサーリンク



ワイキキビーチについては以下のページでまとめていますので、良ければ見てみてください。
 ざっくり解説ワイキキビーチ! 

ABCストアで、ゴザ($4)を購入し防波堤エリアへ。

日本の海水浴場では、よく簡易のテントが使われていますが、ワイキキのビーチではまず見ません。
確かに、日よけになって風除けにもなるし、プライベート空間みたいなものができて良いのですが、ハワイでは今のところ防犯上の問題なのかビーチで休む場所としてはこの「ABCストアのゴザ」か「ホテルのバスタオル」かを敷いて、日陰は「バニアンツリーやヤシの木の木陰」か「レンタルのビーチパラソル」で作るのが一般的です。
ワイキキ以外の人の少ないローカルビーチではテントを使うのは別に気になりませんが、ワイキキでテントを貼るのはちょっと勇気がいります(笑)

午前中のワイキキはちょうど東から太陽が上がってきて、陰になりやすいので過ごしやすい状況でした。(逆に午後は西側にさえぎるものが何もないので、灼熱な感じになるので午前中がおすすめ)
水温も30度近くあり、本当にプールのような海で、快適に泳げます。透明度は足元がギリギリ見えるくらいで、そこまで高くありませんでした。

おなかがすいたので、海から上がり午後は昼ご飯を食べて買い物です。

関連コンテンツ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
スポンサーリンク
アドセンス