滞在10日目 ボディーボードと燦鳥(サントリー)

map10

滞在9日目。本日も午前中はいつも通り学校へ(IIE今週から通ってます)。

学校が終わってからフードパントリーエクスプレスというフードパントリーに隣接しているという雑貨屋で息子君が欲しいと言っていた33インチのボディボードを購入($10で。やすっ!)し、昼食後早速ビーチに。

ボディーボードというとだいたい万円はする品物みたいですが、ここで買ったボディーボードは、プールのビート版の大きいような感じで、一応リードもついてますが結構ショボイ感じのものです。完全に使い捨ての子供用のものですね。何回か使っているうちに中の板が割れましたし(笑)。
でもこの滞在期間中ずっと使うことができたので、子供が数日位遊ぶのにはコスパとしても良いものかと思います。

安いボードながら、まだまだ小さな息子君には十分な代物で、大きな波に乗るのは難しそうでしたが(技術の問題?)、中くらいの波に乗って10mくらいは進んでいました。そして岸に打ち上げられていました(笑)
他の上手な子供たちは、足ヒレ(フィン)を履いていたので、泳力が足りない小さな子供には足ヒレがあった方がさらに乗りやすそうですね。

海に入って息子君のボディボード姿を見ながら、横目でビーチの防波堤から地元っぽい子供達がジャンプして飛び込んでいるのが楽しそうでした。
2~3mくらいの高さでしたが皆元気に飛び込んでました。

スポンサーリンク

~~~~~~~~~~

夜は燦鳥(サントリー)という、日本のサントリー社がやっている和食のお店。
寿司鉄板焼き懐石料理が楽しめます。
今回は鉄板焼きを頂きました。

img_0363

そこそこの人気店のため予約は必要ですね。(ワイキキのどこのレストランもそうですが)

お値段は一人$60くらいなイメージで、味的には同じ値段を日本で出せばもっと美味しいところがたくさんありそうな。。

ただ、久しぶりに日本の美味しいお米とお味噌汁と日本茶を飲み食いできたので、そこは本当に幸せでした。この日本のお米を食べてから嫁は少しホームシックにかかるくらい(笑)。食はノスタルジーを引き起こしますね。

お肉とシーフードのコースに締めはアイスの天ぷら。
カウンター席にL字座り、目の前で料理人が鉄板の上で食材を調理してくれます

料理人は日本人の方で、日本で修行した後、ニューヨークなど主に海外で長く和食を振舞っていたんだそうで。海外では和食のブームが来ているらしく、和食が作れて英語が喋れる人が引っ張りだこなんだとか。

日本人でしたので、食材を調理しながら楽しく会話もできました。

お客の層としては8割くらいが日本人のような気がします。
ハワイローカルの人が残りで、他のアジア系や西欧系の方はあまり見かけず。(その日たまたまだったのかもですが…)

明日は、週末語学学校のテストです。
それと、夕食のプレートランチでメチャメチャおいしい店を見つけました。

関連コンテンツ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
スポンサーリンク
アドセンス