滞在35日目 ワイキキ水族館とベアフットビーチカフェ

滞在35日目。

帰国まで残すところあと10日。今まではワイキキ周辺での生活・観光がメインでしたが、折角なので遠出してあちこち回ろうということで今日から1週間レンタカーをすることにしました。

レンタカーを借りる手順は、前回の「滞在19日目 レンタカーでカハラモール」での流れと一緒で、今回もJCBプラザ経由のニッポンレンタカーでレンタルしました。

ALL日本語対応最高(笑)


今回もコンパクトサイズの車で「同乗者運転1名追加、フル保険、チャイルドシート1個、ガソリン補給なし返却OK」で、お値段は$545
前回は、1日レンタルだったせいか、少しオンボロのフォード車でしたが、今回は1週間レンタルのためか1000キロしか走っていない、ほぼ新品のホンダFit。ラッキー。

スポンサーリンク

~~~~~~~~~~

と、レンタルした後のことをつらつら書いていましたが、実際レンタルしたのは夕方17時でして、それまでは時間があったのでワイキキ水族館に歩いて行くことにしました。

我らがワイキキバニアンからワイキキ水族館までは、ビーチ沿いを左の方にテクテク歩いて15分~20分くらいですかね。
ワイキキ水族館の入口はカラカウア通り沿いにあるのですが、歩いていくにはカラカウア通りを歩くより、ビーチに沿って歩く方が景色も良いし楽しいです
それに、ビーチ沿いの歩道はでっかいバニアンツリーがたくさん有って日陰続きなので、そんなに暑さも感じません。


ワイキキ水族館までのビーチ
ワイキキ水族館までのビーチ。ビーチはがっつり日が当たります(笑)


ワイキキ水族館そばのバニアンツリー
カラカウア通りとビーチの間の歩道や緑地には、この写真のようなバカでかいバニアンツリーが点在し、日差しを遮ってくれます。
バニアンツリーの下は、木陰なのと海からの心地よい風で非常に過ごしやすく、昼寝や読書、ピクニックをしている人をよく見かけました。


あまりにバニアンツリーがたくさんあり、どれも大きく猛々しいので「神々の雷(いかづち)じゃ~」とか適当なことをいって、枝に絡まったり登ったりして、水族館につく前に無駄に体力を消耗していました(笑)


そんな無駄な行動をしながらようやくワイキキ水族館に到着。

ワイキキ水族館 外観

入口で、大人$12子供$5のチケットを購入し、いざ入館です。
よくキャンペーンとかやっているみたいで、キャンペーンによっては入館料が割引されたりするみたいです。
我が家が言ったときはポケモンGoキャンペーンをやっていて、入口でポケモンGoのアプリを見せれば、割引を受けることができました(子供だけ)。

またワイキキ水族館のホームページには、無料で聞くことのできるスマホのガイド(日本語も対応)と無料Wifiが完備されているので、電池さえ持てば利用することができます。割引キャンペーン情報もホームページ上で告知されているので、行く前にホームページは要チェックですね。


ワイキキ水族館 館内
館内には、巨大水槽といったような目玉になるようなものは特にないのですが、ハワイ近郊で泳いでいる魚たちを中心に展示されており、南の海ということもあって色とりどりのかなり綺麗な水槽になっています。
↑の写真のように、おしゃれなレストランとかドン・キホーテにあるような女子ウケが良さそうな水槽が多かったです。
u

ワイキキ水族館 カクレクマノミ水槽
子供たちに人気なのは、定番のニモ(カクレクマノミ)


ワイキキ水族館 大物水槽
トラフザメロウニアジタマカイといった1~1.5m級の大型の魚がいる水槽もありましたが、あまり人気はなかったですね。地味だし(笑)


ワイキキ水族館 タツノオトシゴ水槽
個人的に気に入ったのが、このタツノオトシゴ水槽
かなりわかりずらいと思いますが、この水槽の中に10~15匹くらい隠れていて、ずっと見ていると思わぬところからヒョイ~っと現れて「ここにも居たのか!」と宝探しのようにずっと眺めていました。


ワイキキ水族館 アザラシ
順路の後半は、館から外にでてアザラシのいる水槽(プール)を見ることができます。
このアザラシ、泳ぐわけでもなく、この写真のように直立不動で浮かんでいるんですよね。この姿には家族で大爆笑。


ワイキキ水族館 アザラシ瞑想中
目は閉じているので、寝ているんでしょうか。。異様なバランス感覚です。


ワイキキ水族館 アザラシ回転中
そうかと思えば、時々目をうっすらと開けて、くる~っとゆっくり直立したまま回転します(笑)
新手の芸なのでしょうか(^^;

アザラシプールから再び中に入り、お土産コーナーで入口にまた戻ってきます。

我が家は、タツノオトシゴ水槽で宝探ししたり、案内板を見ながら魚探しをしたりしていたので、賞味1時間ちょっと楽しみましたが、サクッと見て回れば30分くらいの大きさの水族館です。
どうしても行った方が良いかというと「まあ時間があれば」というくらいの見どころでしょうか。

※ワイキキ水族館は現在ハワイ大学研究施設も兼ねているようでして、観光展示という一面とハワイの海洋研究を行いハワイの海を適正に保護するための施設という一面も持っています。
そのための寄付を受け付ける窓口にもなっているようですので、ハワイの海の保全のための寄付に興味のある方は、それ目的で訪れるのも良いかと思います。
スポンサーリンク

~~~~~~~~~~

ワイキキ水族館をかなりのんびり回ったため、お昼を大きく過ぎてしまいハラペコ状態だったので、ワイキキ水族館に来る途中で見つけたテイクアウトのお店でランチを取ることにしました。


ベアフットビーチカフェ 看板
ビーチ沿いに看板が出ているのですぐにわかるベアフットビーチカフェ。名前がなかなか覚えられません。。。


ベアフットビーチカフェ 店外観
テイクアウトのみの取り扱いですが、店の前にはテーブルと椅子が備えてあるため、買ってその場で食べることができます。
水着でも全く問題無い場所なので、ビーチ上がりに寄っているお客さんもいました。


ベアフットビーチカフェ
アサイーボウル($9)、ハワイアンBBQチキンサンドイッチ(左側:$9)、ポークサンドイッチ(右側:$8)にドリンク(ペットボトル)を注文。
テイクアウト方式なので、わりとお安いです。サンドイッチというよりハンバーガーですね。お野菜はお好みで載せる感じです。

もちろんハワイ仕様なので、見た目よりボリュームがあります。家族4人でハンバーガーを半分づつわけ、デザート的にアサイーボウルを食べればお腹いっぱいになります。


ベアフットビーチカフェ アサイーボウル
アサイーボウルもフルーツたっぷりです。ワイキキ周辺でこれで$10以下は安いですね。

お店の前のテーブルがちょうど空いていたので、そこで食べて帰りました。
テーブルにパラソルが付いているので、日差しの強い時でも涼しく食べることができます。

~~~~~~~~~~

本日のイベントはここまで。
この後、レンタカーをして明日は早朝にノースショアのププケアビーチに向けて出発するので、早めの就寝です。Zzz・・・。

関連コンテンツ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
スポンサーリンク
アドセンス