滞在44・45日目(最終日) ハプニング続きの最終日

滞在44日目帰国日。
日本に着いたら45日目(9月1日)ですね。

子供たちは、1日(木)の始業式と翌日2日(金)は少しお休みを頂いて、9月5日(月)からの登校です。悪い親👿です。
まあ時差ボケとかも直さないといけないですしね。

~~~~~~~~~~

前日夜に荷造りを何とか終わらすことができ、今日は本当に帰るだけです。

一昨日JCBプラザで飛行場までのタクシーを予約していまして、朝7時半にワイキキバニヤンに迎えに来てもらう予定になっています。

JCBプラザで予約するとチップとTAXも全部込みで$35という感じで(まあチップについてはそれでも特別なことをしてくれれば渡した方が無難ですが)、値段的には最安値ではないでしょうか。

最後までJCBプラザにお世話になりっぱなしです(笑)

で、7時半ジャストにタクシーは来てくれまして(時間にルーズなハワイで、こういうキッチリしたサービスは嬉しい!)、いざ乗り込もうとしたときになんとバウチャー(予約券)が見当たらなかったんです!

そんな慌てふためきまくっている家族を見かねてか、タクシーの運転手さん「レシート、レシート」と言ってくれて、なんとか財布の中に領収書があったので、それで乗ることができました。

運ちゃん、ありがとう。。。

ここでタクシー乗れなかったら大惨事になるところでしたよ。_| ̄|○


スポンサーリンク

でもハプニングはこれで終わりません!

空港に到着してタクシーの運転手に手を振って見送ってもらったあと航空券のチケットカウンターに向かう途中、息子くんが騒ぎ始めたのです。

「無いよ、昨日買ったカバンが!」

初め何のことを言っているのか、親二人とも全く理解していなかったのですが、、、そうなんです昨日急遽買ったスーツケースをなんとタクシーの中に忘れてきてしまっていたのです。

そもそも昨日買ったばかりで記憶に残っていないうえに、荷室に入らないのでタクシーの助手席に置いていたのですっかり抜けてしまっていました。

グッジョブです息子くん。


とは言いつつ、タクシーのナンバーも何もわからず途方に暮れていましたが、こういう時の頭のフル回転力ってすごいもので、タクシーの天井の上についている会社名を奇跡的に思い出したんです。
その名前は


ハナタクシー


ネットで調べて即電話です。


「Do you have Japanease speaker?」


まず、これです。会話が通じなければ、何も進展しません。
しかし、電話口のおじさんからの返答は無情にも


「No~~~」


・・・・・(/・ω・)/


しかしここでも、頭のフル回転力がさく裂します。


「アイムジャパニーズ、バニヤン、7:30、リザーブ、アイムインエアポート、バット、レフトバゲージインタクシー」


超絶単語会話(笑)


でも通じました!奇跡


「Same plase wait」


という3単語を何とか聞き取ることができ、待つこと5分。。。
無事にタクシーが戻ってきてスーツケースを受け取ることができたのでした(´Д⊂


何とか取り戻すことができたスーツケース。
この写真だけ見ると、ジュニアのボディボードの遠征みたいですが。


スポンサーリンク

とまあ、最終日はハプニング続きではありましたが、なんとか無事に日本に帰国して家に着くことができました👏👏👏


なかなかまとまりのないプチロングステイの45日の日記を最後まで読んでいただいた方には感謝感謝です。
読んでいただいた皆様のお役に立てたのであれば良かったなと思います。

またいつの日かこんなロングステイを楽しめる日を夢見て、さようなら~(‘ω’)ノ


ハワイの海岸で拾った貝で作ったフォトフレーム。子供たちの夏の自由工作の宿題になりました。

関連コンテンツ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
スポンサーリンク
アドセンス