滞在42日目 マカプウトレッキングとホオマルヒア植物公園~その2~

滞在42日目
今日はレンタカーの利用日最終日ということで、午前中はマカプウにトレッキング(ハイキング?)に行き、その後カイルアのクレープ・ノカオイでランチをしてきました。

~~~~~~~~~~

お昼を食べて、そのままレンタカーを返しに行こうかとも思ったのですが、現在時刻は昼の13時前。
レンタカーの返却時刻が19時でしたので、カイルアからどんなに時間がかかったとしても2時間はかからないだろうということで、遊べる時間はまだ4時間くらいはありました。

ということで、ちょっとネットで調べたところ1件ホウマルヒア植物公園というところが、なかなか幻想的でジュラシックパーク的な景色が見れるという事で軽く見物に行くことにしました。

カイルアの街から車で10分ちょいのところにあります。

ウンチクとしては、オアフ島に植物公園(ボタニカルガーデン)と呼ばれるところは5か所あるのですが、ここホオマルヒアはその中でも断トツの広さを誇っているのだそうです。
はい、完全なウケウリです。実際に図ったわけではありません。。。

植物公園の入園料は無料でして、車でいくと恐らくフェンスがあるあたりからが公園なのでしょうが、どこからが公園の敷地内かというのが正直よくわかりませんでした。。。

車でずかずか道を進むとちょっとした小屋が出てきまして、中に入ってみるとおじさんが一人。
同じ観光客か、地元の人か散歩で休んでいるのかかなと思ったら、なんと公園管理者の方でした。。

小屋と思っていたのはビジターセンターでそこで園内のマップとかをもらえます。


駐車場からの景色です。
かなり荘厳な感じで、幾分か空気もひんやりとしていました。

園内は気候に合わせた感じで(熱帯とか亜熱帯とか)エリアごとに植物がわかれているようなのですが、正直その植物がどこに生息しているのかがわからなく、あまり興味もなかったので、とりあえずは定番の池があるポイントを目指すことにしました。


ビジターセンターから歩いて10分くらいで池に到着です。
ビジターセンターのおじさんの話では、土日はキャンプや釣りをすることができるらしく、池の周りも家族連れで賑わっているらしいのですが、本日は平日という事もあり人がほとんどいませんでした。。


行けにはコイ(と思われるような魚)やカモ(と思われるような鳥)がたくさん寄り集まっていました。
確かに広々としていて、釣りとかができるんであれば楽しいところのような気もします。

難点としては、結構足元がぬかるんでいまして、しっかり歩かないとぬかるみで足を滑らせて服が泥だらけになる可能性があるところです。
私もいつものTevaのサンダルで来たのですが、何回か足を滑らせて足元がドロドロになってしまいました(T_T)

Tevaのサンダル購入記についてはこちら。
滞在6日目 土砂降りの雨とサンダル屋巡り


植物園内にはウリボー(イノシシの子供)も居ました。
ただ、一回りデカイお母さんも一緒にいて、変に刺激すると襲い掛かってこないとちょっと心配になります。


こんな感じで机といすのセットもパラパラと置いてあるので、BBQとかするには便利で気持ちが良いところと思います。
確かに、かなり豪快に山が迫ってきて見えるダイナミックな景観は素晴らしいものがあります。


色々な植物が生息しており、ネームプレートもかけられているのですが、正直どれも聞いたことが無いようなものばかりで、唯一これがバナナだってことはわかりました。
この、バナナの実から飛び出ているウネウネのさきにあるヤシの実みたいな物体なんだと思います?

バナナの花なんですって。この写真は蕾状態なのですが、これが開花するのだとか。バナナの花はさすがに初めて見ました。

~~~~~~~~~~

とは言っても特にしっかり見るようなところもなく、1時間もいなかったかと思います。

返却期限には少し早い感じですが、お腹もすいたことでレンタカーの返却に向かいます。

内陸経由の方が、断然早いのですが、時間に余裕があったというのと、景色が綺麗というので、海岸沿いルートで帰ります。

ちょうど、返却手続きが終わったのが17時くらいで、どこのレンタカー店もサービスとしてあるのかわからないですが、帰りはレンタカー店の方にホテルまで送ってもらえます。

ただ、自分たちはホテルに帰るのではなく、夕飯を済まして帰りたかったので、ハワイに来て一番気に入ったあの店まで送ってもらうことにしました。

~その3につづく~

関連コンテンツ

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
アドセンス
アドセンス
スポンサーリンク
アドセンス